2017年04月03日

ゴキブリって薬になるの?頭なしでも生きられる?

ゴキブリの生命力強さは時々話題に上りますよね。

例えば放射線に対する強さ。
人間の致死量は5時間に500レントゲンという量ですが、
ゴキブリの致死量はこの100倍といわれています。

これが、核戦争が勃発して人類が仮に滅びてもゴキブリだけは
生き続けられる!といわれているゆえんです。

他にも、頭がなくても(数週間)生きていられるという話も!?
これも信憑性の高い話のようですよ。

本来もっと長く生きられるのですが、数週間しか(?)
生きられない理由は、は頭がないことで食べ物を摂取する口も
なくなっているわけで、それで飢え死にするからだそうです。

そして、ネットを検索していて驚いたのですが、
ゴキブリに薬理効果がある、つまり薬になるという事実です。

これもマジな話で、漢方を勉強した薬剤師が電子出版までしている
というからさらに驚きです。

そしてこれは漢方の中国だけにとどまらないようです。
古代ギリシアではゴキブリの内臓をなんと、バラの香油と混ぜ合わせて
耳の感染症の薬にしていた、なんていう話もあります。

信じがたい生命体ですね。ゴキブリって。

ちなみに、ゴキブリを薬にする方法を試そうと興味を持つことは
自由ですが、そこら辺にいる不衛生過ぎるゴキブリをその実験台に
するとどうなるかは分かると思います。

真似をしようと思う人は少ないと思いますが、
本当にマネしない方がいいと思いますよ。

タグ:ゴキブリ
posted by ゴキハンター at 07:29| Comment(0) | ゴキちゃんストップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: