2015年07月07日

効かないゴキブリ駆除剤を使った時の、とんでもない昔話

20年以上前のことです。私はある鉄道会社に就職しました。
研修という名目で同期数人とともに田舎に飛ばされ、
そこにある独身寮に入ることになりました。

同期の中にキレイ好きが1人いました。
私が就職したその鉄道会社の当時の独身寮は、
昭和30年代に建てられた古い建物でした。

当然夏になると部屋や廊下でゴキブリと遭遇することになります。
キレイ好きの同期は、自分の部屋に「ホウ酸団子」を仕掛けたのです。

ホウ酸はゴキブリ駆除に使われている成分です。
それにゴキブリが好きそうな誘引剤を混ぜて、
据え置くタイプにしたのが、20年前当時の「ホウ酸団子」

当時は、ゴキブリを粘着テープでおびき寄せて捕獲する
ゴキブリホイホイくらいしかなかったのですが、
ホウ酸団子新しいタイプのゴキブリ駆除剤でした。

しかし、当時のホウ酸団子の効き目・パワーは充分ではなく、
ゴキブリの生命力と繁殖力がそれを圧倒的に上回っていました。

2週間くらいたった夏も盛りのある日、同期何人かが言います。
「オレの部屋、ゴキブリをみなくなった。」
「え?オレの部屋、ゴキブリ結構出るようになった。どうして?」

そして、キレイ好きの同期が言います。
「オレの部屋もめっちゃゴキブリ出る!ホウ酸団子仕掛けてるのに、
一つもゴキブリが減らないんだよ・・・。」

「それだ!」、「それや!」。
同期が口をそろえて言います。

ホウ酸団子をしかけたことで、彼の部屋はゴキブリのエサ場に。
要するに彼の部屋で餌付け状態になっていたのですね。

彼の部屋から離れた所に位置する部屋ではゴキブリの出現数が減り
彼の部屋に近い所に位置する部屋では逆に増加したのです。
彼の部屋を中心軸にゴキブリがまさに活動している状況になりました。

効かないゴキブリ駆除剤を使うと、単にゴキブリのエサやりになり、
かえってゴキブリが増えてしまいます。彼の部屋とその周辺には
実におびただしい数のゴキブリが集結していたのです!恐怖でした。

その後彼は、仕掛けていたホウ酸団子を撤去。
そしてその後その寮では、
元のゴキブリと人間の共存共栄の生活が続きました。

3年後、彼は会社を辞めました。
これが理由だったわけではありませんけど・・・。
posted by ゴキハンター at 12:44| Comment(0) | ゴキちゃんストップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: